41 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/02/25(木) 20:32:21 0
先日、車で2時間程の義兄宅にトメ連れて行ってきた。
最初は息子二人目の前に居ると言う事もあって何も言わなかったが、
段々とボロが出始めるトメ。
そこに義兄嫁の伯母?からお祝いの現金書留が届いた。
それに関しても「直接会って渡すのが一番いいのに」と言いだしたが、
「義兄嫁のおばさんは○○に住んでてそんな簡単に来れる訳ないだろう!!」
と義兄が怒鳴り、トメ沈黙。

ったくこのババァは…という空気の中、今度は義兄嫁父からの電話。
「今お客さん来てるから、後で電話するね」と義兄嫁が電話切ったらトメが怒りだした。
「お客さんとはなんですか!私は義兄の母親よ!?」
って、だってここお前の家じゃないじゃん。
義兄も夫もトメをガンガンに〆上げたが、面白くなかったトメは
「大体嫁子さんとこは礼儀に欠く人ばかり!
お祝いも書きとめ、お手紙も何も入って無し!
こっちが送ったお中元のお礼も電話一本!!
ここは礼状をしたためるのが当然でしょう!」

ちなみにトメは義兄嫁実家からちゃんとお中元を貰っており、
裕福な義兄嫁実家のお中元は超豪華(それに比べてあなたのとこは…と言われたので知ってる)、
でも「こっちも送ったんだから礼なんて言わなくていいわよ」と何もせず、
義兄嫁実家からのお礼の電話に、「こちらこそ…」など言わず、
ただ偉そうにお気になさらず~的な事を言ってる。

「大体私は電話が大っ嫌いなのよ!それを知ってて電話だけで済ますなんておかしいわ!
人が嫌がる事をするなんて!
お父さんが生きてたら義兄嫁も嫁子(私)も○○家にはいられなかったわ!」
とまくしたてた。



42 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/02/25(木) 20:34:37 0
そしたら義兄、いきなり立ち上がってトメの鞄から携帯出して
「電話がそこまで嫌いならこれはいらんな」と真っ二つに。
そしてトメを引きずって玄関から放り出し、「帰れ、二度と来るな」。
「義兄!あんたなんて事を!」と切れるトメに
「人の嫌な事するなって言ったのは自分だ。俺はお前が嫌いだ。
嫌いなお前に会うなんて嫌な事はさせるな。」
プライドだけは高いトメは泣き怒りしながらも帰って行った。
義兄は実家に電話し留守電に
「この電話は解約する。二度と電話するな。用があったら文書にしろ」と言って切った。

義兄、どっちかっつーとエネ夫ぽかったんだよね。
トメが義兄嫁に嫌味を言い、私と夫がかばい、義兄は知らん顔。
ウチの夫が義兄に「義姉さんは家の嫁と違って(w)穏やかだから兄貴が頑張れよ」と言っても
「何もそんな神経質にならなくってもwこいつ天然だから分かって無いって」とかノラクラかわしてた人。
「大げさなwなあ嫁子?」とか。

帰りの車の中で、夫は色々と感動してた。
「赤ちゃんってあんなに可愛いものなんだな。あんなに可愛かったら兄貴もそりゃ変るよな。
子供ってすげーな…」って。
その後、トメから電話が来たがギャンギャン怒鳴る声を無視して
「文書でお願いします!!」と言って切ったw
ウチの実家も渋る母を夫が説得し、トメ電を着拒にしてもらった。
義兄嫁実家の方もそうしたらしい。
義兄は嫁実家の近くに家でも買うかーそれとも2世帯にするー?とか言ってるし、
ウチもどっか引っ越すかーここ実家駅から乗り換えなしだしお袋来ちゃうかもしれないしーだって。
「いいの?」って聞いたら、
「自分の母親があんな人だったなんて現実、受け入れるのだけで精一杯なんだよ…」
って寂しげに言われ、何も言えなかった。
もしかしてトメ孤独死決定?
でも自業自得、因果応報って奴だよね。




パパはゲーム実況者 ガッチマンの愉快で平穏な日々 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)